に投稿

結婚式場での披露宴の相場

結婚式場での披露宴の費用は、多くの要素によって変わります。以下にいくつかの主な項目とその相場を示します:

  • 会場使用料:会場使用料は控室やガーデンなども含めた費用となっていることが多く、金額は10万円程度の会場もあれば、30万円を超える会場もあります。
  • 料理:料理の価格帯は会場によって違いますが、ゲストへのおもてなしということでお金をかけ、中間のランクを選ぶ人が多い。
  • 衣装・美容:衣装やヘアメイクなどの費用も考慮に入れる必要があります。
  • 引出物・引菓子・プチギフト:ご祝儀制の場合は食器やカタログ式ギフトなどメインの引出物に引菓子、縁起物の3点を用意する人が多い。

全体的な平均費用としては、結婚式の費用は平均で332.2万円とされています。ただし、招待人数や挙式の内容によっても金額は大きく変わってきますのでご注意ください。

これらの費用は全ての結婚式で一律に適用されるわけではなく、カップルの希望や予算、選んだ会場やサービスによります。したがって、具体的な費用を知るためには、具体的なプランやサービスについて式場やウェディングプランナーと相談することをお勧めします。また、節約のための工夫や割引サービスもあるので、それらを活用することも考慮に入れてみてください。結婚式は大切なイベントなので、自分たちの希望を最大限に反映させつつ、予算内に収まるよう計画することが重要です。

に投稿

前撮り撮影のプロが教える!絶対に守るべき注意点とアドバイス

前撮り撮影のメリット

思い出を永遠に残す

 前撮り撮影は、結婚の一大イベントを美しい写真として永遠に残す素晴らしい方法です。プロのカメラマンの技術と美しいロケーションで撮影された写真は、時を経ても色あせることなく大切な思い出として保存されます。また、衣装や小物、ヘアメイクにこだわることで、二人だけの特別な瞬間をより一層魅力的に演出することができます。

挙式当日の負担軽減

 前撮り撮影を挙式前に行うことで、結婚式当日のスケジュールが非常に楽になります。挙式当日は準備やゲスト対応などで非常に慌ただしくなりますが、前撮りを済ませておけば、その分余裕を持って一日を過ごすことができます。また、事前に撮影した写真をウェルカムボードやプロフィールブックなどに活用することで、よりオリジナリティ溢れる結婚式を演出することができます。

前撮りの準備

日程と場所の選定

 結婚式前の前撮り撮影は、挙式日の3ヶ月〜2ヶ月前に行うのが理想的です。前撮りでの注意点として、希望日に近づくほど予約が埋まってしまうことが多いため、早めに予約を入れることが重要です。また、ロケーション撮影を希望する場合は、撮影場所のベストシーズンを選ぶことが大切です。人気の撮影スポットも早めの予約が必要になります。平日に撮影することで費用を節約することもできますので、検討してみてください。

衣装と小物の準備

 前撮りでの注意点として、衣装と小物の準備は非常に重要です。和装前撮りの場合、新婦は肌襦袢や裾よけ、白足袋、新郎は胸元の開いたシャツやステテコなどが必要です。また、撮影小物を用意する際は、小物を過剰に用意せず、適切な枚数を選ぶことがポイントです。衣装のグレードや枚数、アルバム作成によって費用が増額することもあるため、予算内での計画を立てることが大切です。

ヘアメイクのリハーサル

 撮影当日に最高の状態で臨むために、ヘアメイクのリハーサルを行うことも前撮りでの注意点の一つです。特に和装の場合、髪型やメイクが写真の雰囲気に大きく影響するため、リハーサルで自分に合ったスタイルを確認しておきましょう。リハーサルを通じて、当日に向けて適切な準備ができるようにしましょう。

撮影当日の注意点

体調管理と睡眠

 前撮りでの注意点の中でも、特に重要なのが体調管理と十分な睡眠です。撮影日は早朝から夜遅くまで続くことが多いため、前日はしっかりと休んでおきましょう。また、当日の朝食はバランスの取れた食事を心がけ、エネルギーレベルを維持することが大切です。体調不良での撮影は思い通りの写真を残せない原因となってしまいますので、事前に健康管理を整えておくことが肝心です。

持ち物のチェックリスト

 前撮り当日の持ち物のチェックリストを用意しておくことも大切です。撮影場所が遠方の場合やロケーション撮影を行う場合は、持ち物をきちんとリストアップして忘れ物がないようにしましょう。特に和装の場合、新婦は肌襦袢、裾よけ、白足袋、新郎は胸元の開いたシャツやステテコなどが必要です。また、撮影小物を用意する際には、小物を過剰に用意せず適当な枚数を選ぶことが重要です。これによって撮影がスムーズに進みます。

撮影スケジュールの確認

 撮影スケジュールの確認もしっかりと行いましょう。前撮りの希望日に近づくほど予約が埋まりやすくなりますので、早めに確認しておくことが賢明です。また、撮影場所やヘアメイクの時間、移動時間などを含めた全体のスケジュールを事前に把握し、計画を立てておくことが大切です。これにより、当日スムーズに撮影が進行し、ストレスなく楽しい一日を過ごすことができます。

前撮り後のアフターケア

写真のチェックと修正

 前撮り撮影が終了したら、まずは撮影した写真のチェックを行うことが肝心です。撮影業者から提供された写真を細かく確認し、希望する修正点があれば早めに伝えることが重要です。特に肌のトーンや明るさ、背景の一部修正など、気になる箇所があれば、具体的に指定して依頼しましょう。また、修正を依頼する際には、あらかじめどの程度の修正が可能か、追加費用が発生するかを確認しておくと安心です。

アルバム作成と保存方法

 前撮り撮影で得られた写真を一生の宝物にするためには、アルバム作成とその保存が大切です。アルバムを作成する際には、写真の配置やデザインにこだわり、自分たちの好みや結婚式のテーマに合ったレイアウトを選びましょう。また、デジタルデータも大切に保存し、クラウドストレージや外部ハードディスクなど、複数のバックアップをとることをお勧めします。

 アルバムは時間が経つと劣化する可能性があるため、保存場所にも配慮することが必要です。湿気や直射日光を避けた場所に保管し、定期的にアルバムの状態をチェックすることで、思い出を長く美しく保つことができます。前撮りでの注意点をしっかり守り、素晴らしい思い出を大切にしてください。

に投稿

結婚式でおすすめの催し特集

はじめに

 結婚式は新郎新婦にとって一生に一度の大切なイベントです。そんな大事な日は、笑いと感動をプラスすることで、より素晴らしい思い出に残るものにしたいですね。本記事では、「結婚式でお勧めの催し」をテーマに、人気の演出やトレンド、ゲストが楽しめるアイデアをご紹介します。ぜひ参考にして、最高の結婚式を演出してください。

人気急上昇中の結婚式演出

定番の演出

  結婚式でお勧めの催しの中でも、定番の演出はやはり欠かせません。教会式では「ベールダウン」がそのひとつです。これは、花嫁の母親が花嫁のベールを下ろすシーンで、母親が花嫁の安全と幸せを祈りながら最後の役目を果たす感動的な瞬間です。また、和装の結婚式では「紅差しの儀」が人気です。こちらは、花嫁の母親が口紅を塗ってあげる儀式で、娘の門出を送り出す意味が込められています。

トレンドの演出

  最近の結婚式では、トレンドの演出も多く取り入れられるようになっています。例えば、「アイルランナー」を使った演出があります。アイルランナーはバージンロードに敷かれた長い布で、これをランウェイのように使ってオリジナルの式を演出できます。特に海外の結婚式では非常に人気があります。また、エントランスや披露宴会場の装飾もトレンドが変わりつつあり、インスタグラム映えするフォトスポットを設けるカップルも増えています。ゲストに楽しんでもらうためのクリエイティブなアイデアを取り入れることで、笑いと感動をプラスすることができます。

ゲスト参加型の演出

ゲームやクイズ

 結婚式でお勧めの催しとして、ゲームやクイズは非常に人気があります。ゲスト全員が参加できる「新郎新婦にまつわるクイズ」や、席ごとにチームを作って競い合う「テーブル対抗ゲーム」など、多様な形式で楽しむことができます。新郎新婦のエピソードを題材にしたクイズは、場を和ませるとともにゲスト同士の交流も促進します。何より、ゲストが一体感を持って楽しめるので、披露宴がより一層盛り上がります。

体験型アクティビティ

 体験型アクティビティも、結婚式でお勧めの催しの一つです。例えば、簡単な料理教室やクラフトコーナーを設けて、ゲストが自らの手で何かを作る時間を持つことができます。また、写真ブースでオリジナルのフォトプロップスを使い、思い出に残る写真を撮るのも楽しいアイデアです。これらのアクティビティは、ゲストが能動的に参加できるので、特別な思い出を作ることができます。

感動のサプライズ演出

ファーストミート

 ファーストミートとは、結婚式当日に新郎と新婦が初めて対面する瞬間を演出するものです。この瞬間は、新郎新婦にとって特別なものとなり、その場に立ち会うゲストにも感動を与えます。たとえば、教会式ではベールダウンの後に新郎が花嫁を初めて目にする瞬間を演出することもできます。また、和装の場合には紅差しの儀を取り入れることで、より一層ドラマティックな瞬間を作り出すことができます。結婚式でお勧めの催しとして、このようなサプライズ演出は、二人の絆をさらに深めるものとなるでしょう。

花嫁の手紙

 花嫁の手紙は、結婚式の中でも感動的な場面の一つです。新郎や両親への感謝の気持ちを伝える手紙を読み上げることで、会場にいる全てのゲストに深い感動を呼び起こします。この演出は、特に親しい友人や家族との絆を強く感じさせる瞬間として、多くの結婚式で取り入れられています。また、アイルランナーを使用してバージンロードを豪華に演出することで、手紙を読む場面がさらに印象的なものとなります。花嫁の手紙は、結婚式でお勧めの催しとして、心温まる感動を提供する素晴らしい演出です。

ユニークで面白い演出

ユーモア満載の余興

 結婚式でユーモア満載の余興は、ゲストとの距離を縮める絶好の機会です。新郎新婦の友人や家族がオリジナルのコントやパフォーマンスを披露することで、会場全体が笑いに包まれます。また、お子様が参加する余興も人気で、かわいらしいダンスや歌が感動を呼びます。親しみやすいキャラクターの着ぐるみを使った演出や、写真や動画を交えたプレゼンテーションも場を盛り上げる要素となります。

BGMとダンスパフォーマンス

 結婚式でお勧めの催しとして、BGMとダンスパフォーマンスは欠かせません。新郎新婦が大切な思い出の曲をバックにサプライズダンスを披露するのは、観客にとっても感動的な瞬間です。プロのダンサーを招いてのパフォーマンスも、華やかな雰囲気を演出します。また、ゲスト参加型のダンスパーティーやフラッシュモブも人気が高まっています。全員で踊ることで一体感が生まれ、忘れられない一日になります。

おもてなしの演出

ウェルカムドリンクとフード

 結婚式でゲストを歓待するために、まず最初に提供されるのがウェルカムドリンクとフードです。ゲストが会場に到着したときに、気分を盛り上げるためのアイデアとして取り入れることが多いです。美味しいドリンクと軽食を提供することで、ゲストにリラックスした雰囲気を感じてもらえます。

 例えば、季節に合わせたフルーツカクテルやノンアルコールドリンクを用意すると、誰でも楽しむことができます。また、フィンガーフードやプチデザートを一緒に提供することで、一層の華やかさと美味しさを添えることができます。ウェルカムドリンクとフードは、結婚式でお勧めの催しの一つとして、ゲスト全員に喜ばれます。

デザートビュッフェ

 デザートビュッフェは、甘いもの好きのゲストにとって大変魅力的な演出です。結婚式の後半に登場するデザートビュッフェは、おもてなしの一環として取り入れられることが増えています。カラフルで美味しいデザートが並ぶ様子は、写真映えも抜群で、ゲストの目も舌も楽しませることができます。

 ケーキやタルト、マカロン、プリンなど、多種多様なデザートを並べることで、大人から子供まで誰でも楽しむことができます。また、デザートの飾り付けに工夫を凝らしたり、季節限定のスイーツを用意することで、特別感もアップします。デザートビュッフェは、結婚式でお勧めの催しとして、ゲストに感動と喜びを提供する素晴らしい方法です。

エンディング演出

フィナーレの演出アイデア

 結婚式の最後を飾るフィナーレは、ゲストに強い印象を残す重要な瞬間です。そのため、結婚式でお勧めの催しとして特別な演出を考えることが大切です。例えば、会場全体を利用したライトアップや、二人のダンスパフォーマンス、ゲスト全員参加のフォトセッションなどがあります。また、アイルランナーに沿って新郎新婦が退場するシーンも感動を演出する一つの方法です。特に、オリジナリティを加えた演出はゲストにとって忘れられない思い出となるでしょう。

ゲストへのお見送り

 結婚式の終わりに行われるゲストへのお見送りも、大切な演出の一つです。お見送りの際には、感謝の気持ちをしっかりと伝えることが重要です。例えば、一人一人に手紙や小さなギフトを渡すことで、心温まる瞬間を作り出すことができます。また、ウェルカムドリンクやフードをお見送りの際に提供することで、ゲストにとって最後まで楽しめる時間を過ごしてもらうことができます。紅差しの儀やベールダウンなどの儀式の後に、お見送りのタイミングを合わせることで、全体の流れをスムーズにすることができます。

結びにかえて

思い出に残る結婚式のために

 結婚式は一生に一度の特別な日です。この日を一生忘れることなく、素晴らしい思い出として心に刻むためには、計画段階からしっかりと準備を行うことが大切です。例えば、教会式の定番演出であるベールダウンや、和装での紅差しの儀などを取り入れることで、より一層の感動を生むことができます。また、海外の結婚式で人気のアイルランナーをバージンロードに敷いてオリジナルの雰囲気を演出することもおすすめです。

感謝の気持ちを伝える

 結婚式を通じて、両親や友人、ゲストの皆様に感謝の気持ちを伝えることはとても重要です。花嫁の手紙や、新郎新婦からのメッセージビデオなどで、感謝の気持ちをしっかりと伝えることができます。また、ゲストへのおもてなしとしてウェルカムドリンクやデザートビュッフェを用意するなど、心のこもったサービスを提供することも大切です。結婚式でお勧めの催しを取り入れながら、一生に一度の特別な日を皆で共有し、感謝の気持ちを深めることができる素晴らしい時間を作り上げましょう。

に投稿

人気のウエディングソング

もちろんです!以下にさらにウエディングソングをいくつかご紹介します:

  1. ピンクムーン / ハルカミライ
  2. Beauty and the Beast / Ariana Grande and John Legend
  3. CAN YOU CELEBRATE? / 安室奈美恵
  4. Marry You / Bruno Mars
  5. 結婚行進曲 / メンデルスゾーン
  6. Baby I Love U / シェネル
  7. 365日 / Mr.children
  8. One Love / 嵐
  9. バンザイ ~好きでよかった~ / ウルフルズ
  10. Sugar / Maroon5
  11. What makes you beautiful / One Direction
  12. にじいろ / 絢香
  13. Butterfly / 木村カエラ
  14. A Whole New World / ディズニー(アラジン)
  15. ハッピーサマーウェディング / モーニング娘。
  16. 結婚闘魂行進曲マブダチ / 氣志團
  17. 恋 / 星野源
  18. 未来へ / kiroro
  19. 家族になろうよ / 福山雅治
  20. ありがとう / いきものがかり
  21. ハピネス / AI
  22. 糸 / 中島みゆき
  23. 終わりなき旅 / Mr.Children

これらの曲は、結婚式やウェディングパーティーをより華やかに彩ることができます。どの曲も心に染み渡る素敵な音楽ばかりですので、結婚式当日だけでなく、準備の時からウェディングソングをたくさん聴いて気分を高めていきましょう!

に投稿

結婚式の全てがわかる!オーソドックスな流れとその魅力

結婚式の基本的な流れ

挙式の準備

  結婚式のオーソドックスな流れは、まず挙式の準備から始まります。挙式は新郎新婦が結婚を誓う大切な儀式であり、その準備には細心の注意が必要です。準備の一環として、会場の装飾や音響設備の確認、招待状の発送、リハーサルなどが行われます。また、新郎新婦や参列者の衣装の準備も欠かせません。これらの準備が整うことで、挙式がスムーズに進行する基盤が築かれます。

挙式の開始

  挙式の始まりは厳粛であり、新郎新婦入場からスタートします。進行役の司会者が式の始まりを告げると、ゲストは静かに見守ります。新郎新婦が誓いの言葉を交わし、指輪交換を行う瞬間は、それまでの準備のすべてが報われる感動的な瞬間です。この儀式は結婚の意味を深く感じさせ、二人の愛を再確認する機会でもあります。

披露宴の進行

  挙式の後には、披露宴が待っています。披露宴は新郎新婦をお披露目するパーティであり、ゲストに感謝の気持ちを伝える重要な時間です。披露宴は一般的に2時間半ほどで、前半と後半に分かれて進行されます。前半には新郎新婦の紹介や乾杯が行われ、後半には各種演出や余興が盛りだくさんです。特にケーキ入刀やスピーチなどの演出は、ゲストにとっても忘れられない瞬間となります。

二次会の準備と進行

  披露宴が終わった後も、楽しみは続きます。二次会はよりカジュアルな雰囲気でゲストと交流するための場として設けられることが多いです。この準備には、会場の選定やプログラムの策定が含まれます。進行は新郎新婦や友人たちの自由なアイデアで組み立てることができ、ゲームやカラオケなどのエンターテイメントを取り入れることも一般的です。二次会は結婚式の締めくくりとして、リラックスした時間を過ごす良い機会です。

結婚式の種類とスタイル

 結婚式には様々なスタイルがあり、それぞれのカップルに合わせた形式を選べるのが魅力です。ここでは、代表的な3つの結婚式のスタイルについて説明します。

教会式

 教会式は、神聖な教会内で行われる結婚式のことを指します。このスタイルでは、神様の前で永遠の愛を誓い合う儀式が行われます。荘厳な雰囲気の中、パイプオルガンの音色に包まれる挙式は、特別な思い出となるでしょう。結婚式のオーソドックスな流れを重視するカップルに非常に人気があります。

神前式

 神前式は、日本の伝統的な結婚式の形式であり、神社で行われることが一般的です。厳かな神社の本殿で、新郎新婦が神様に結婚の誓いを立て、三三九度の杯を交わします。白無垢や紋付き袴を着用するなど、日本の伝統文化を大切にしたいカップルにおすすめのスタイルです。

人前式

 人前式は、神様に結婚を誓うのではなく、参列者全員に結婚の誓いを承認してもらうスタイルの結婚式です。この形式は非常に自由度が高く、挙式の内容を新郎新婦自身でカスタマイズすることができます。例えば、オープンスペースやリゾート地での挙式、参列者とのインタラクティブな演出など、ユニークで思い出に残る結婚式を実現しやすいです。最近では22.5%のカップルがこのスタイルを選んでいます。

披露宴の魅力と演出

ゲストを歓迎する演出

 披露宴の始まりは、来賓の皆様を心から歓迎することから始まります。会場の入口には華やかな装花やウェルカムボードを設置し、ゲストが到着する度に温かいおもてなしの気持ちを伝えます。ドリンクサービスも充実させると、ゲストにとって居心地の良い空間が広がります。また、受付や控室には記念撮影用のフォトスポットを設けると、結婚式のオーソドックスな流れであるお披露目の瞬間が一層華やぎます。

新郎新婦の紹介とスピーチ

 披露宴の前半に行われる新郎新婦の紹介とスピーチは、ゲストに二人の出会いやこれまでの歩みを伝える大切な時間です。司会者が新郎新婦のプロフィールを詳細に紹介し、それに続いて新郎新婦がお互いに対する想いや感謝の言葉を伝えます。感動的なエピソードやユーモアを交えたスピーチは、ゲストの心を温かくし、披露宴の雰囲気を一層和やかにします。結婚式のオーソドックスな流れに沿って、この時間をしっかりと設けることは重要です。

ケーキ入刀とファーストバイト

 披露宴の後半には、ケーキ入刀とファーストバイトというロマンチックな演出があります。ここでは、新郎新婦がウェディングケーキに一緒にナイフを入れることで、二人の新しい生活のスタートを象徴します。その後、お互いに一口ずつケーキを食べさせ合うファーストバイトが行われますが、これは「これから甘い生活を送る」という意味が込められています。ゲストにとっても写真を撮る絶好のチャンスであり、この演出を通じて結婚式のオーソドックスな流れが一層印象深くなります。

結婚式を成功させるためのポイント

事前準備の重要性

 結婚式を成功させるためには、事前準備が非常に重要です。挙式や披露宴のスムーズな進行を確保するためには、細部まで計画を立てることが必要です。例えば、ゲストリストの管理や、挙式の流れに合わせたタイムスケジュールを作成することが求められます。また、料理や演出の打ち合わせも早めに行い、当日にトラブルが発生しないように準備を進めることが大切です。結婚式のオーソドックスな流れを把握しておけば、スムーズな計画が可能となります。

当日のスムーズな進行

 挙式当日のスムーズな進行は、全ての参加者、特に新郎新婦にとって非常に重要です。事前に準備したタイムスケジュールを遵守し、各セクションが予定通りに進むように意識する必要があります。特に披露宴では、ゲストが楽しめるように演出やスピーチのタイミングを工夫しましょう。司会者やスタッフとのコミュニケーションを密に取り、突発的なトラブルにも迅速に対応できるように準備しておくことが理想です。

ゲストへのおもてなし

 結婚式において、ゲストへのおもてなしは非常に重要なポイントです。披露宴では、料理やドリンクの質を高めることが、ゲストにとっての満足度を大きく左右します。また、ウェルカムスペースの装飾や、ゲストに楽しんでもらうための演出も工夫することで、全体の雰囲気を高めることができます。さらに、ゲスト一人一人に対して感謝の気持ちを伝えることが、結婚式をより特別なものにする要素となります。

に投稿

結婚式場は親戚への配慮を

結婚式場を選ぶのに、ウエディングをあげたいチャペルがあったり、ステキなサービスがあるという点で選ぶというふたりも多いと思います。
こういったニーズに答えるように、結婚式場も様々な演出によるチャペルや宴会場を準備しています。

ですが、結婚式場を選ぶ重要なポイントのひとつに、立地条件を加えるようにしましょう。
ゲストの方々は自身の両親はもちろん、友人や知人、会社の上司なども招待します。

更に、気を配らなければいけないのが、ふたりの親戚への配慮です。
特に地方から来られるゲストの方にとって、慣れない交通事情などもあり、迷ってしまう場所であれば、バスなどを出したり、タクシーで来て頂く様な案内なども必要になります。

また、年配の方が多く、足腰が不自由な方がゲストの中にいらっしゃるのであれば、こういった配慮もして、結婚式場を決める必要が出てきます。

ウエディングは挙式と披露宴へ場所移動をしていただく必要もありますし、控え室との距離などもあります。

これから、新たな親族の一員となるための紹介もふくまれていますので、こういった配慮も重要となります。

京都の美しい日本建築や日本庭園の中でウエディングがしたいなら「京都 結婚式場」で検索。

リゾートにいる様な結婚式場

リゾートにある結婚式場というのは憧れを抱いている人が多い様ですが、実際には行くのが大変だったりする事もあります。しかし、日本国内の結婚式場であったとしても、手軽にリゾートにいる様な気分を味わう事ができる場合もあります。

海の近くにある結婚式場などは、リゾートの様な素敵な雰囲気に包まれている事もあります。その場合には、結婚式場の立地が大事になってきます。

お金を捻出する事ができない場合などには、国内できれいな景色を楽しむ事ができる結婚式場を探してみてはどうでしょうか。意外にも都会の中心などにも景色が楽しめる会場が見つかったりする事もあります。くまなく探してみる事をおすすめします。

日にこだわりたい京都にある結婚式場について。

結婚式場について知る

最終的に結婚式場を決定するためにも、まずはどの様な結婚式場があるのかという事を知らないと選ぶ事はできません。

最初はあまり興味がないと思われる結婚式場であったとしても、詳しく調べている間にその結婚式場の魅力について知る事ができる場合もあります。

また、少しでも多くの結婚式場について知るという事は、会場選びをする上で基本となり、比較する際に判断しやすくなります。

個別のホームページを訪れてみると、かなり詳しい事について把握できる事もあります。提供されている情報については、できるだけ把握しておく様にしましょう。また、更に詳しく知りたい場合には、利用者の感想を調べる人もいます。

価格から選ぶ結婚式場

どうしても結婚式場で挙式を行うとなれば、かなりの費用が必要となる事が予想されます。

結婚式場は何で選ぶかという事についてですが、自分達の希望はもちろん、コストについても考えない分けにはいきません。結婚式場を利用した際のコストについては、詳しいウエディングプランについて知る事ができれば、より具体的となります。

結婚式場が提供するウエディングプランの価格を見て、支払いに問題がないかどうか確かめましょう。

希望している結婚式場があったとしても、コストがかかりすぎてしまうという場合には妥協しないといけない可能性も出てきます。同じ会場であったとしても、選ぶプランによっては価格に大きな差が出てくる事もあります。

に投稿

京都でチャペルウエディングをするなら

京都でチャペルウェディングをお考えなら、いくつか素敵な選択肢がありますよ!以下の情報を参考にしてみてください。

  1. 祇園の巽橋前チャペル:
    • 京都市内有数の名所・祇園の巽橋(たつみばし)目の前に建つチャペルです。
    • 町屋をリノベーションした建物は、重要伝統的建造群保存地区に指定されている街の景観と調和しています。
    • アシンメトリーに並べられた木の格子と石の壁がデザインされた洗練された空間でお洒落なパーティを楽しめます。
    • アクセスも良好で、祇園四条駅から徒歩5分です。
  1. 他のチャペルウェディング会場:
    • ぐるなびウエディングやウエディングパークなどのウェディング情報サイトで、京都のチャペルウェディング会場を検索できます。
    • 費用明細や口コミ、写真、料金プラン、ブライダルフェア情報などが掲載されています。

どの会場も素敵な結婚式を叶えることができるので、ぜひご検討ください!

に投稿

京都でチャペルウエディングが行える結婚式場

もちろんです!京都で素敵な結婚式会場はたくさんあります。以下にいくつかおすすめの会場をご紹介しますね。

  1. ザ ソウドウ ヒガシヤマ キョウト (THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO):
    • 東山の絶景と1700坪のガーデンに包まれたアットホームな貸切邸宅です。
    • 着席4名から最大150名、立食4名から最大250名まで収容可能です。
    • 教会式、人前式、神前式の挙式スタイルが選べます。
  2. フォーチュン ガーデン 京都 (FORTUNE GARDEN KYOTO):
    • 京都河原町駅すぐの都会の中心で叶う本物の自然を感じる貸切洋館です。
    • 着席2名から最大130名、立食30名から最大180名まで収容可能です。
    • 教会式、人前式、神前式の挙式スタイルが選べます。
  3. 京都 アートグレイス ウエディングヒルズ:
    • 鴨川沿いの貸切邸宅で、着席10名から最大130名、立食10名から最大200名まで収容可能です。
    • 教会式、人前式の挙式スタイルがあります。
  4. インスタイルウェディング京都 (InStyle wedding KYOTO):
    • 四条駅徒歩すぐで、着席2名から最大110名、立食2名から最大160名まで収容可能です。
    • 教会式、人前式、神前式の挙式スタイルが選べます。
  5. FUNATSURU KYOTO KAMOGAWA RESORT:
    • 京都河原町駅、祇園四条駅、JR京都駅からアクセスできる文化財でレトロモダンなウエディングが叶います。
    • 着席6名から最大170名、立食6名から最大300名まで収容可能です。
    • 教会式、人前式、神前式、仏前式の挙式スタイルがあります。

どの会場も素敵な結婚式を叶えることができるので、ぜひご検討ください!