現在では、ウエディングも多様化しており、ふたりの雰囲気に合わせて、色々な演出を行う式も多くなってきました。

引出物で差をつけよう

ウエディングの主役は新郎新婦ですが、ゲストに対しての心使いは忘れてはいけない大切な項目のひとつです。
その中でも、引出物でゲストに対しての感謝を表しましょう。

誰にでも喜ばれる引出物を選ぶコツとしては、ふたりとの関係によって贈る品を変えることで、感謝を表すことができます。

例えば、遠方から来られる方にとって、引出物を持ちかえるという行為は負担になります。

中にはウエディングのために前日から宿泊して出席をしていただく方もいらっしゃると思います。
そういった方は荷物も多いため、持ち帰りが楽なカタログギフトにすることで、重たい引出物を持ちかえる必要が無くなります。

それだけではなく、自宅に帰り好きな引出物をカタログから選ぶことが可能です。
また、プチギフトや引き菓子なども、なるべく賞味期限が長い物を選ぶことが必要です。

遠方から来られる方で特に親族の方などは、ウエディングの後、更に連泊をされて久々の親戚との再開を楽しんだり、ついでに旅行をして帰られる方もおおいのです。
そういった方に、引き菓子を生ものにしてしまうと、食べることができなくなります。

引出物はお祝いの品ですから、ゲストにとって負担にならないものを選びましょう。